CASE STUDY 導入事例

HOME > 導入事例 > 大容量専用サーバー

大容量専用サーバー 導入事例

導入前の問題

社内に外部公開用のサーバを置いており、サービス安定化のため、次のような課題が上がっていた。

 ・ サーバ増設時のネットワーク停止による社内業務への影響
 ・ メンテナンスや社内周知による手間や管理コストの増加
 ・ サービス中断による機会損失
 ・ セキュリティ強化

導入までの経緯

取引先にサーバの外出しについて相談したところ、自社にあったクラウドを提案してくれる業者として、グローバル・テクノロジー・デザインを紹介されました。

 

GTD の提案内容

GTD は、ファイアウォールの利用が無料で必要ポートのみ開放できること、社内サーバの移行のため、大容量専用サーバにVmwareを導入し、弊社専用のプライベートクラウド環境を作るとことで、社内と同じような使い勝手でできると感じました。
また、プライベートクラウドにすることで、リソースが許す限り、ゲストOSの追加やコピーができるので、テスト用のゲストOSを1から作成する必要がなくなり、テストサーバを作るための時間を短縮することが出来るとのことでした。

導入後の状況

テストサーバなど追加するたびにネットワーク設定や停止がなくなったため、社内ユーザからの問い合わせや不満が減りました。
また、必要なシステムの提案をいただけたり、弊社からの相談をエンジニアの方に直接聞けること、障害時も15分以内に復旧を優先に対応していただけるので、とても助かっています。

導入までの流れ

  • ヒアリング
  • 提案
  • ご契約
  • 設計・構築
  • 運用

ページTOPへ